BLOG

スタッフブログ

サプライズ!

2019.03.19

庭で暮らしとココロを豊かにしたいエクステリアプランナーの奥原です。

三寒四温を繰り返し、雨降るごとに春は近づいてきていると感じる今日この頃ですね。
東京ではこの数日のうちに桜も開花するかもしれないとのこと、待ち遠しかった春がすぐそこまで来ています♪

今年はたくさんのお問合せやご依頼を頂き、いつになく忙しい冬を過ごしています。
プランも工事もお待ち頂いているお客様、本当に申し訳ございません。

お問合せ頂いた順に1軒1軒丁寧に、大切に、想いを込めてプランニングさせていただいておりますので、
どうぞご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。



そんなバタバタしている私に、春のうれしいサプライズが!




我が家に来て2年目の胡蝶蘭が咲きました!!

昨年、花が終わった後、水やりが面倒で春から秋まで庭のクロモジの陰に置きっぱなしにしていました。
霜が降りるころにやっと室内に戻し、水やりも本当に時々で肥料も手入れも何もしていない状態でした。

年末頃にスーッと茎が伸びてきて・・・。
あまりに水やりをしないので、気根(空中の水分を吸収する根)が伸びてきたのかとかわいそうになり反省したのですが、
そのうち先端に節のようなものができ、芽吹いてきたのです。

そこからは、あれよあれよという間につぼみが膨らみ始め、咲き始めました!

蘭は温度管理が必要で咲かせるのが難しいと言いますが、
寒い我が家で本当に放りっぱなしで何の手入れもしていないのに立派な花が10輪も咲き、思わぬサプライズにうれしくなりました(*^_^*)


これからガーデニングシーズンとなります。
樹木も芝も草花も春から梅雨くらいまでが植え付けの適期です。

植えた直後は乾燥しないようお水やりをお願いしていますが、やり過ぎは禁物です!

というのは、乾いているときほど根が水を求めて伸びるので、水をやりすぎると甘えて根が伸びず、活着が遅れます。
ずっと湿っていると根が空気を吸えずに根腐れを起こします。

環境に合せて、乾きと湿りをメリハリよくすることが一番の上手な管理と言えます。

植付けた草木は、いづれ自然の雨で生育できるように、最初だけ出来ない分を手助けすると考えて管理していただくとうまくいきます。

ほら、なんだか子育てと似ていませんか?

カタログのご請求はこちらからお気軽にどうぞ
CONTACT >