BLOG

スタッフブログ

落ち葉の季節

2019.11.26

庭で暮らしとココロを豊かにしたいエクステリア・ガーデンプランナーの奥原です!

落ち葉の季節ですね。
今年は暖かかったせいか紅葉もイマイチと言われつつも、赤や黄色のグラデーションが見られましたね~♪




紅葉のあとには『落葉』するわけで、お片付けが必要になります。
集めて市の指定のごみ袋に入れて、可燃ごみの日に出す・・・はぁ~大変。

そこで奥原からのご提案です!

お庭のシャラやモミジが落葉したら、その落ち葉は家庭菜園の土に埋めちゃいましょう!


そう!庭の落ち葉は堆肥化して有効利用してしまいましょう!!
堆肥化というと、発酵温度が~とか、促進剤に〇〇を~なんて難しいし、面倒な気がしますよね。

いえいえ、単純に自然の力で土に還せばいいだけです。
山では誰かが温度を気にして促進剤を撒いているわけではなくても、自然に落ちた葉はフカフカの腐葉土となり土に還るわけですから。

シャラやモミジなどの庭木2~3本分くらいの落ち葉なら家庭菜園にはちょうどいい量になると思いますよ!
信州の冬は家庭菜園もお休みになるので、落ち葉を堆肥化するにはちょうど良いのです。

やり方は簡単、何も植えていない菜園を20~30cmくらい掘り起こして落ち葉を埋めるだけです。
ポイントは落ち葉がひとかたまりにならないように薄く敷くか畝に敷く、または少し土と混ぜながら埋めることです。
来春には、葉の形もわからないくらいに土に還っていますし、フカフカの土になりますよ!

我が家の畑では、落ち葉のみならず、草取りした雑草や夏野菜の枯れた枝葉など不要になった植物は何でも土に埋めてます。
畑のなかの小さな循環ですね!

お庭や家庭菜園はなるべくラクしてストレスなく楽しみましょう!

※注意  うどんこ病やすす病など細菌系の病気にかかってしまった落ち葉は堆肥化しないでくださいね。

カタログのご請求はこちらからお気軽にどうぞ
CONTACT >