SPECIAL

Hospitality only for you

ビーネッツ
ガーデン エクステリアプランナー

奥原 聡子

SATOKO OKUHARA

●血液型/まさかのA型
●星座/バランスよくてんびん座
●趣味/家庭菜園(めざせ自給自足?)
●特技/早起き

そのお宅の主婦になったつもりで、スマートで便利でカッコいいエクステリア・ガーデンのプランニングを心がけています。
家に帰れば3姉妹の肝っ玉かあさんです。なんでもお気軽にご相談ください。

庭が大好きエクステリアガーデンプランナー
主婦の目利きと感性で本当に使いやすい庭を。

主婦であり、3人の子どもの母であり、ガーデニングや家庭菜園が大好きなエクステリアプランナーとして、実生活を通して体験している庭の楽しみを、より多くの皆さんに伝えたいと考えています。
ガーデンエクステリアと一言で言っても、お客様の好みも、デザインやアイテム、素材もさまざまで、多種多様です。“お客様がどんな庭を望んでいるのか”“ご家族が楽しんでいただけるか”など、お客様と一緒に夢を膨らませていく時間を大切に。そこに使い勝手やメンテナンスの良さなど、女性ならでは主婦ならではの目利きと感性を盛り込んでプランニングしていきます。そして、お客様とイメージを共有する中から、ワクワクするような感動や思いもよらないサプライズが生まれた時、プランナー冥利に尽きる幸せを感じます。
私自身が庭を楽しんでいるからできるご提案や、細やかな女性目線を生かして、お客様一人ひとりに、もっと“庭のある暮らし”を楽しんでいただけるように、価値あるガーデンエクステリアを提案していきたいと思います。

体験型のモデルガーデンでイメージを膨らませて!
3D CADを駆使しさまざまな角度からご提案、修正も効率的に。

B-net`sのショールームは、お庭での暮らしがイメージできる体験型のモデルガーデンをご用意しています。立体的なデザインがシンボリックなエントランスや、開放感あふれるガーデンルーム、バーベキューテラスや和テイストのウッドデッキ、坪庭、夜のライティングなどを完備した体験型のモデルガーデンで、見て・触れて・体感して、ご自宅の庭づくりのイメージを膨らませてください。
カフェのような開放的な打ち合わせルームは、エクステリア関連のカタログやサンプル、専門書などの情報書籍を揃え、お飲み物もご用意して、ゆっくりとお打ち合わせしていただけます。キッズスペースも完備していますので、お子様連れもお気軽にどうぞ。
お客様とのヒアリングによりご提案させていただく設計図は、3DCADで作成しています。しばしば「手描きパースは出していただけませんか?」というお話しもいただきます。確かに手描きはあたたかいイメージで、手間暇かけて表現されていますが、一方3Dは平面・立面・パースなどさまざまな角度から見ることができ、また修正が容易なのでお客様のニーズを再認識できるというメリットがあります。一生に何度もないかけがえのない庭づくりですから、何度も迷って納得のいかれるまで修正して、理想のお庭を手に入れていただきたいから、当社は3DCADを駆使した効率的なプレゼンテーションでお手伝いさせていただきます。

ネットアストーヨー住器株式会社
代表取締役社長

祢津 正喜

MASAKI NETSU

●松本市渚在住
●血液型/B型
●星座/みずがめ座
●高校時代は、高校サッカー選手権で全国ベスト16(豊科高校卒)
●最近のマイブーム/
 ・ジム通い
 ・サッカーの試合に出ること
 ・渚ライフサイトがサードプレイ
  (スタバ・瑞祥・ルネサンス)
●最近の夢/南国に行きたい

お客様と一緒に考えるプレゼンテーションで
それぞれのご家族に“ちょうど良い”オンリーワンの庭づくりを。

ガーデンエクステリアは、きれいにカッコよく、デザインにこだわって計画をたてることは大切です。しかし、そこに住まうご家族のライフスタイルや庭での楽しみ方に配慮が足りず、美しさや豪華さにこだわり過ぎた庭は心の通わない庭になってしまうかもしれません。
私事になりますが、こんな経験がありました。10年ほど前に家を建てた際、業界にいるという自負から、家族の真の希望を汲みとることなく自分だけでコトを進めていきました。広々としたリビングにゆったりしたダイニングキッチン、寝室は一人一部屋で、とにかく広くゆったりと。
しかしある時、娘が何気ない一言を言ったのです。「アパートの狭い家の方が楽しかった」と。その言葉は痛切に私の胸に響きました。娘にとっては広くきれいな家よりも、家族が肩をすり合わせて暮らした狭いアパートの方が心やすらいだのです。家族のためと考えて計画した家が、実は自分のエゴであり自己満足でしかなかったのだと。
この経験は、ガーデンエクステリアを考える際にも大きな転機となりました。デザインする側のこだわりを押し付け過ぎず、人それぞれに異なる価値観や楽しみ方、それぞれのご家族に”ちょうど良い”心地よさを汲みとろうと。
だから、私たちはお客様としっかり向き合いじっくり話し合いながら、丁寧に時間をかけてプレゼンテーションしていきます。お客様とのコミュニケーションのなかから新しいデザインやプランを創造し、心豊かなガーデンライフを末永く楽しめるオンリーワンの庭づくりをお手伝いさせていただきます。

庭はちょっとした贅沢感、非日常の愉しみ
“主張し過ぎない”“作りこみ過ぎない”庭がいい。

家と庭が一緒になって「家庭」と書くように、どんなに素敵な家であっても、家族が癒やされる庭が充実していないと「家庭」にはならないと言われています。私もこの言葉を、以前は意味も具現化できずに使っていました。
しかし、この業界でいろいろなお客様と接することで感じたことは、「庭をつくる人は庭が好きな人が多い」ということでした。難しい話は抜きにして、ただ“庭が好き”という気持ちが癒やされる家庭をつくる原動力なのだと。
私自身も、特にエネルギーレベルが下がっている時には、大自然に触れたくなります。一番身近な自然がある“自庭”で、心を休め非日常を味わうささやかな贅沢が大好きです。木々がそよぎ花が咲き、特段華美ではないけれど心がホッと落ち着く庭が好きなのです。
私の考える「家庭」とは、家は健康で幸せに暮らすための必需アイテム、庭はちょっとした贅沢感、非日常の愉しみだと思います。だから「主張し過ぎない」「作りこみ過ぎない」庭を大切にしています。その庭にお客様それぞれが手をかけ心を込めて、ご家族の成長とともに永く愛着のわく庭に育んでいただきたいと。私たちはお客様の“庭が好き”な気持ちを後押しして、もっともっと庭を楽しんでいただけるように、日々素敵な演出を考えています。

奥様が主役の庭づくりだから
女性デザイナーが女性目線でプロデュース。

庭は、「さぁつくったはいいが、それで完成」という訳にはいきません。楽しい反面、お手入れやメンテナンスなど維持管理も大変です。特に庭を育てる中心となるのは、一番身近で長い時間を過ごされる奥様でしょう。奥様が楽しみ、笑顔でいられるガーデンエクステリアが、ご家族にとっても一番幸せな庭のカタチではないでしょうか。
庭づくりの主役は奥様です。そして、奥様の要望をくみとり、細やかな提案ができるのは女性であるべきだと私は考えます。だから、当社は女性デザイナーの育成に力を注ぎ、将来的にはすべて女性デザイナーでの対応を考えています。女性のための、女性による、女性がワクワクするようなガーデンエクステリアを提案していきます。
そして 一人ひとりのお客様に、“丁寧に”“よく聴き”“良い提案をする”ことを心がけ、差異化を磨いて、業界に新風を吹き込みたいと考えています。

カタログのご請求はこちらからお気軽にどうぞ
CONTACT >